不定愁訴とは、症状があっても、検査では原因が特定できない状態のことを言います。

特に自律神経失調症や更年期障害、ストレス等に伴って現れてくることが多いですね。

 

具体的な症状は「全身倦怠」「肩こり」「頭痛」「めまい」「耳鳴り」「不眠」「のぼせ」

「冷え」「食欲不振」「腹痛」「便秘」「下痢」等が挙げられます。

 

検査で異常がない場合は、身体のハード面ではなくてソフト、

つまり機能的な部分の不調であると考ています。

 

当院ではこのような場合は鍼灸治療もしくは気功治療をおこないます。

鍼灸や気功(東洋医学)は基本的な考え方が西洋医学とは異なっています。

そのためアプローチを変えてみるのも良いのではないでしょうか

 

もちろん病院と併用しておこなってください。