五十肩(四十肩)は40歳を過ぎたあたりから起こる原因がはっきりしない疾患です。

一応、老化、過労、冷え等とは言われています。

 

五十肩は通常の筋肉や腱等の軟部組織の損傷(ぎっくり腰)とは経過が違います。

筋肉や腱等の軟部組織の損傷は1ヶ月位で症状は消えますから。

 

だからよく聞く「五十肩になったけどすぐ治ったよ」というのは

恐らく五十肩ではなく単に筋肉を痛めたということでしょう。

 

症状は初期は痛みが強く、痛みが軽減してくると今度は動きの悪さが目立ってきます。

数ヶ月から1年を超える場合も少なくないです。

 

治療は鍼灸治療になります。

 

あまり通院できない方の場合は自費でじっくり1時間位かけて治療した方が良いでしょう。

 

頻繁に通院できる方は健康保険での鍼灸でも良いでしょう。