「1〜2週間前から肩を動かすと痛くて挙がりにくい。五十肩でしょうか?」

と言うような事をよく聞かれます。

また、「五十肩なんです」と言われて話を聞いてみるとそうではなかったと言うことも度々あります。

どうやら肩が痛くなると四十肩や五十肩と思ってしまっている方が多いようです。

 

よく考えてみると肩の痛みで知っているのは五十肩くらいでしょうから無理もありません。

「肩が痛いのですが上腕二頭筋長頭腱炎ですか?」と聞かれたらこっちがびっくりしてしまいます。

 

「肩が痛い=五十肩」と考えていると電話で問い合わせを受けた時困ることがあります。

「肩が痛い=五十肩」と考えているので

他を端折って「五十肩なのですが保険が使えますか?」と聞いてくるからです。

 

答えは「五十肩は保険は使えません。自費になります。」

五十肩は慢性疾患なので接骨院では保険の適応にはならないのです。

 

上記の文章でいうと

「1〜2週間前に〇〇をした時から肩を動かすと痛くて挙がりにくい。保険が使えますか?」

と問い合わせると良いと思います。

ただし、1ヶ月以上経っている場合は五十肩の可能性が高いので保険は駄目ですよ。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


健康と医療 ブログランキングへ