肘の痛みで最も多いのが上腕骨外側上顆炎、上腕骨内側上顆炎です。

テニスやゴルフをしている人に多いので別名テニス肘・ゴルフ肘とも言われています。

 

ところがスポーツや力仕事をしていないのに同じ部分が痛くなる人が結構います。

電気治療、マッサージ、エルボーバンド、テーピング等を施しますがあまり変わらないのが実状です。

症状としては動かさなければ痛みはありませんが、

物を持ったり、蓋を開けたり、雑巾を絞ったりする時に痛みがあります。

悪化すると箸を使う、字を書くのも支障が出てきます。

 

痛めた事に関して思い当たる節がない場合は「筋肉の緊張による硬結」の可能性が高いです。

わかりやすく言うと筋肉のこり。

これには同じ動きを繰返して行うことによる筋肉のこりと、

支え続ける事による筋肉のこりの二つあります。

 

原因はPCとスマホが真っ先に考えられます。

PC動作で例えると手指から肘までの酷使によるこりと肘から頚部までの動かさないことによるこりです。

動かさないでも凝るのかと思う方がいるかもしれませんが

鉄棒でぶら下がっているだけでも疲れてくるのと同じです。

 

治療は肘の痛みと関係する「筋肉のこり」の部分を見つけて緩めていきます。