治療後悪化する場合は3つ考えられます。

  1. 治療する側の問題として刺激が強かった場合。
  2. 治療される側の問題として悪化する様な事をしていた場合。
  3. 発症後間もない場合

発症後間もない場合とはどういう事かと言いますと、

初期(発症後1〜3日)の頃は時間とともに炎症が強くなります。

 

その時に治療をしても炎症の方が勢いが強ければ治療の効果は感じられないし、

悪化したと感じる場合もあります。

 

また、治療直後は良かったけれど時間とともに元に戻ってしまったというのもよくあります。

これは上記の3つ以外に良い状態を維持できる身体ではなかったというのがあります。

 

少なくとも一時的にでも軽減したのであれば効果があったので

繰り返し治療することによって身体がしっかりしてくれば快方に向かうのではないかと思われます。