前回は低周波は筋肉をマッサージする効果はあるけれどあまり筋肉まで届かないという話をしました。

 

昔、お腹にベルトのように巻いた筋トレの機器が売れましたけど

皮膚がピリピリするだけでしたから筋肉まではほとんど届いていなかったと思います。

あれは単なる低周波でしょうね。

今の市販の機器はどうなっているのかはわかりませんが。

 

周波数は高ければ高くなるほど体の奥に入っていくことができる性質があります。

つまり低周波よりも中周波の方が筋肉まで届きます。

中周波は筋トレで有名になりましたからね。

 

ところが中周波にも欠点があります。

周波数が高くなると筋肉が反応しなくなるのです。

つまり中周波が筋肉まで届いてもマッサージをしてくれないということです。

これでは筋肉は弛緩しないので当然血行も回復しませんし、疼痛も緩和しません。

 

低周波と中周波のいいとこ取りをした干渉低周波というものがあります。

これは以前に職場で使っていました。

中周波を使って筋肉まで侵入した後に中周波同士をぶつけて(干渉して)低周波を作り出す機器です。

例えば3050Hzと3000Hzの中周波にをぶつけあうと相殺して50Hz残りますよね。

50Hzは低周波なので筋肉が反応してマッサージすることができるようになるというわけです。

大体以上のようなイメージです。

 

今使っている機器も干渉低周波とは違う方法で中周波を使って低周波を筋肉まで届くようにしています

この機器では中周波が低周波を運んで筋肉まで届けます。

目的地まで着くと中周波とは離れて低周波が筋肉のマッサージをするそうです。

中周波が配達業者さんで低周波が配達物になっているのですね。

中周波の周波数をあげていくほど低周波でマッサージしている部分が深くなっていくのがわかります。

 

ここまでをまとめると

治療としての中周波というのは効果の高い低周波を筋肉まで届かせるため使うということです。

 

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ