治療は局所治療と全身治療に分類できます。

 

痛いところが悪いところだからそこに治療するというのが局所治療。

腰が痛いのは腰が悪いからという考えです。

一般的には保険の治療がそうです。

 

全身が悪いから痛いところが出てくるので全身の治療をするのが全身治療。

腰が痛いのは全身が悪いからという考えで、全身を診るので一般的には自費の治療です。

 

今まで紹介した機器は痛いところに電気をかけるので局所治療ですね。

ただしSSPはストレスに対する全身治療も可能です。

 

前回、微弱電流が弱ったり、損傷している細胞を修復、活性化させる機能があると言いました。

痛みのある部分を中心に電流を流しますのでこれは局所治療です。

 

今日紹介するMCC(全身調整微弱電流療法)は微弱電流を使って全身治療をおこないます。

簡単に言うとMCCは四肢末端に装置をつけて微弱電流を流す治療法です。

全身に微弱電流を流すことによって弱りつつある細胞を修復するので全身治療となります。

治療というより予防の意味合いが強いですね。

 

基本的に鍼灸治療は全身治療で筋肉関係よりも内臓や自律神経やストレス等の方が得意で

接骨院の治療は手技も機器も局所治療が得意なのですが

MCCを使うことで予防や自律神経系の治療にも対応できるのではないかと思います。

 

欠点は微弱電流なので何も感じないところでしょうか。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ