ぎっくり腰や寝違い等の急性疾患の治療後悪化する場合は3つ考えられます。

  • 治療する側の問題
  • 治療される側の問題
  • 発症後の経過の問題

前の2つは説明不要だと思いますので発症後の経過の問題だけ説明します。

 

ぎっくり腰や寝違い等の急性疾患の発症後の経過は同じです。

  1. 発症して痛みがだんだん強くなる
  2. 痛みがピーク
  3. 痛みが軽減していく

この中で治療をしてもしなくても悪化する可能性があるのは1。

では1の時は治療するのは無意味なのでしょうか?

 

例えば火事が起きたとします。

燃え始めたばかりだから水をかけても無駄なので下火になってから水をかけよう。

とは思わないですよね。

火の勢いが強いのでわかりにくいだけで水をかければ効果はあります。

そして延焼を止めなければいけません。

 

ぎっくり腰や寝違いは全身の影響を受けて発症します。

腰だけが悪い、首だけが悪いわけではなくて全身が悪くなっているのです。

ここで治療に入らなければよそに飛び火する可能性もあるのです。

そして痛みが強いのでわかりにくいのですが効果もあるのです。

だから1の時でも治療するのは意味があるのです。

 

もう一つあります

例えば1の時に薬を飲みました。

その後に悪化した場合に何て考えますか?

恐らく「薬が効かなかった」と考えますよね。

「薬のせいで悪化した」とは考えません。

 

ところが接骨院で治療を受けた後悪化すると治療のせいだと思われることが多いのです。

こちら側としては1の時は悪化するのも想定の範囲内なのです。

鍼灸では「瞑眩」といって好転反応とされています。

 

ぎっくり腰や寝違えのような痛くなり始めの疾患で治療を受ける時は

先ほどの1~3のうちのどの状態にあるかを確認しておくと良いと思います。

もし1の状態であるならば治療後に悪化する可能性も念頭に入れておいてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ