原因がよくわからないけれど痛みがあるというのはよくあります。特に変わったことはしていないのに。

腰痛に例えてみます。
以前、腰痛は「全身が硬くなる→腰が硬くなる→腰痛」とブログに書きました。腰痛は全身の筋肉の問題で起きるので、全身の筋肉が硬くなる様なことが起きていると考えます。

そうすると、全身の筋肉が硬くなるのは自分の身体の内外の問題になります。身体内では内臓の不調、睡眠不足、眼や歯や顎の問題、自律神経の乱れ等。身体外では環境の変化、不規則な生活、天候、仕事や対人関係の問題等。

これらは一言でいうとストレスになります。このストレスが全身の筋肉を硬くするので腰痛になりやすくなるのです。実はこれらは腰痛に限りません。いつもと同じにしているのに今日は身体がだるいとか肩が凝るとか食欲がないとかありますよね。これらも原因はストレスによる体調不良と考えられるのです。もちろん肩こりや頭痛や風邪等も同じです。

結局は「全身が硬くなる→腰が硬くなる→◯◯◯→腰痛」の◯◯◯の中に「重い物を持った」や「前に屈んだ」が入るのか「腰が更に硬くなる」が入るのかの違いです。