慢性的に腰痛のある方は就寝時に仰向けでは寝れないので横向きになっているということをよく聞きます。仰向けになると腰が痛くなるのはぎっくり腰でも慢性腰痛でも非常に多いです。その場合には両膝を立ててみてください。おそらく軽減すると思います。

仰向けで膝を伸ばしていると腰が辛いのはストレッチと同じで硬くなっている腰の筋肉が伸ばされるからです。膝を立てると腰が楽になるのは硬くなっている腰の筋肉が伸ばされないからです。不思議ですよね。腰は動かしていないのに股関節と膝関節を伸すと腰が痛くなって、曲げると痛みが軽減するのです。

話は変わりますが以前は腹筋運動をする時には仰向けで膝を伸ばしてやっていました。今は膝を立てて腹筋運動をするようになっています。膝を伸ばして腹筋運動をすると腹筋以外の筋肉を使ってしまうのと腰を痛めるからだそうです。腹筋以外の筋肉とはどこなのか、どの筋肉を痛めるのかと言うと大腰筋です。腰から足にまでつながっている筋肉はこの筋肉しかないのです。

つまり仰向けになって膝を伸ばすと腰が痛いと言うのは大腰筋が硬くなっているからです。だから仰向けになって腰が痛い人の場合は大腰筋を緩めていくということになります。セルフケアとしては大腰筋のストレッチやマッケンジー体操をするといいでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ