椅子から立ち上がる時の腰痛はぎっくり腰発症の定番の一つ。

慢性的な腰痛でも痛みが起きることが多い動作です。

 

座っている姿勢と立っている姿勢の違いを比較すると股関節と膝関節が違うのがわかります。

座っている時は股関節も膝関節も90度位曲がっていますが立っている時は伸びています。

動いた時に痛みが出る場合は筋肉が伸びたのが原因と考えられますがその中で最も該当するのが大腰筋。

最初はこのあたりを疑っていくわけです。

 

例えば肘を曲げて力こぶをつくります。

力こぶは肘を曲げるために筋肉が縮んでできるもの。

これを1時間続けたら力こぶの筋肉は固まってしまい簡単には伸ばせません。

ゆっくりと伸ばさないと筋肉を痛めてしまいます。

 

同様に長時間集中してパソコンに向かっていると

首や背中がガチガチになってゆっくり元に戻さないと痛くてしょうがない

ということを経験した人も多いかと思います。

 

椅子に座っているのも同じです。

座っているのは楽に見えますが実は肘と同じで

大腰筋が座っている姿勢を維持するためにずっと力が入って縮んだ状態になっているのです。

 

座れば座るほど大腰筋は縮んで硬くなるので無意識に立ち上がると急に伸ばされて痛みを感じます。

そのままぎっくり腰になる場合もあります。

 

低い椅子の場合は股関節と膝関節をより屈曲させるので一層筋肉が硬くなります。

膝の高さよりもお尻の高さの方が低くなっている椅子は特にそうです。

典型的なのはソファーですね。

 

椅子から立ち上がる時に腰が痛くなるようなことが続いた場合

当座の対策としては

筋肉を硬くさせないために長時間続けて座らない

筋肉を痛めないためにゆっくり立ち上がる

低い椅子は調節できるなら高くする。

できなければ座布団等を使って高くする。

大腰筋のストレッチをする。

等が考えられます。

 

要するに大腰筋をなるべく硬くさせないで緩ませる方向に持っていくのです。

このような時に筋トレをするのは筋肉を硬くさせるだけなので良くないというのはわかりますよね。

 

このような対策をやってみて軽減するようであれば大腰筋の可能性が高いのですが

変わらなければ違う筋肉の可能性もしくはこれくらいでは太刀打ちできない状態なのかもしれません。

 

ただしこれらの対策は応急処置であって根本的な解決法ではありません。

大腰筋が硬くなるのは座っていたからだけではないからです。

体調不良だったり、ストレスだったり、寝不足だったりと日常生活での問題が必ず関わっていますので

それらも同時に改善していかないとなかなか良くならない場合があります。

そのような場合は病院なり接骨院なりで見てもらうのが良いでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ