こんにちは!横浜市都筑区で腰痛の治療をしているセンター南のさくら接骨院・鍼灸院です。

 

ぎっくり腰腰痛で「温湿布がいいですか、冷湿布がいいですか」という質問はよく受けます。

「痛み始めてから間もない時は冷湿布、ある程度時間が経過したら温湿布」が一般的です。

 

実際は湿布には温めたり冷やしたりする効果はないのでどちらでも構いません。

残念ながら接骨院(整骨院)では湿布は販売していませんが。

 

腰痛の一番の原因は筋肉の緊張。

「筋緊張→血行不良→発痛物質産生→痛み」という流れになります。

 

ところが湿布の働きはだいたい血行改善か発痛物質産生の阻害で

筋肉の緊張を緩めることには関与しません。

痛みを取るには筋肉の緊張を緩める事なので湿布では根本的に治す事はできないのです。

 

「湿布を貼っていると楽になるんだけど外すと・・・。」

と言うのはそういう事なのです。

 

この場合の湿布の目的は

「湿布で痛みを押えている間に筋肉の緊張が緩むのを待つ」ということです。

 

なので、長期に使用している場合は筋肉の緊張が緩んでいないと言う事になります。

自分で治す力よりも筋肉の緊張が強い状態が続いているのです。

 

この場合は生活習慣の問題が考えられます。

睡眠不足、胃腸の問題、目や歯や顎の問題、

長時間の座位、精神的なストレス、環境の変化等があります。

 

それのどれか1つもしくは複数関与しているので虱潰しに改善してください。

できないのであればどこかに治療に通うのが良いでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ