こんにちは!センター南で腰痛の整体治療をしている横浜市都筑区のさくら接骨院・鍼灸院です。

過去に食べ過ぎると腰痛になる人がいました。足が痺れてくる人もいました。頭痛になる人もいました。どれも病院で検査をしたわけではなく自己申告なのですが信じてもらえないことが多かったそうです。一般的に腰痛は腰が悪いからなるのであって食べ過ぎとは関係ないと考えられているからです。

でもおかしいですよね。腰痛の原因には腰と直接関係のない運動不足や睡眠不足や精神的ストレスは挙げられているのです。食べ過ぎも腰痛の原因になってもおかしくはないと思いませんか?

中には胃が悪いんじゃないのと思う人もいるかもしれませんが胃が悪ければ胃が痛くなったり。食欲がなくなったり、食欲が旺盛になりすぎたり、食べた後に戻してしまうということが起きるでしょうがそのようなことはありませんでした。さらに内臓系の腰痛の場合は動いても動かなくても痛さは同じという特徴があるので動かして痛い腰痛であれば内臓系は除外されます。

この場合はトリガーポイント(簡単に言うと筋肉のこり)で説明するとわかりやすくなります。腰痛を引き起こす部分にトリガーポイントができれば腰痛に、足の痺れを引き起こす部分にトリガーポイントができれば足の痺れに、頭痛を引き起こす部分にトリガーポイントができれば頭痛になります。

トリガーポイントは筋肉が硬くなると出来やすくなるのですが筋肉が硬くなるのは「使い過ぎ」か「ストレスによる自律神経の乱れ」です。食べ過ぎは自律神経の乱れが関係します。「食べ過ぎ→自律神経の乱れ→トリガーポイント→腰痛」というわけです。先ほど挙げた腰痛の原因になる運動不足や睡眠不足や精神的ストレスも自律神経の乱れが関係します。

腰痛も足の痺れも頭痛も全身病であり生活習慣病であり昔の言い方だと自律神経失調症なので単純に腰を酷使したから腰痛になるわけではないのです。

治療としてはトリガーポイントを探して解消します。セルフケアとしては仰向けになってテニスボールを使うというのが方法の一つになります。ただし痛み始めは悪化する可能性もあるのでどこかで治療を受けた方がいいでしょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ