腰痛患者さんに様々な検査などをして統計を取った結果腰痛の原因の85%が不明と言われています。

原因がわかっているのは15%でヘルニア、脊柱管狭窄症、骨の問題、内臓の問題等。

 

腰の部分は皮膚があって中には筋肉と骨があって内臓があって終わりです。

単純にこの中のどれかが腰痛に関係してると考えるのが普通ですよね。

腰痛の特徴は動かすと痛いのですがそれに該当するのは筋肉と骨。

上記にあるように骨の問題はX線やMRIで確認しているはずなので除外されます。

 

腰痛の原因は不明と言いつつも治療の多くは筋肉に対するものとなっています。

例えば接骨院では低周波や干渉波等は何に対して治療しているのかと言えば筋肉です。

赤外線やホットパック等も骨を温めているわけではなく筋肉を狙って温めているのです。

マッサージも骨や内臓をマッサージしているわけではありません。

ストレッチや運動や筋トレは推奨されますがこれは筋肉に対するものですよね。

骨格のズレも骨には筋肉が付いているので筋肉が硬くなると引っ張ってしまうからと考えられます。

さらに体重の40%は筋肉です。

 

このことから自分は腰痛の原因不明の多くは筋肉だと考えています。

腰痛以外も動かして痛みの出るものはまず筋肉を疑います。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ