「腰痛の場合は腹筋、背筋をした方が良いですか?」

慢性腰痛や急性腰痛(ぎっくり腰)の方に良くこの質問を受けます。

 

腹筋や背筋は場所的に筋肉のコルセットになるので

筋トレを病院や接骨院等でも勧めていることが多いようです。

 

コルセットをつけるとわかるのですが背筋が原因の腰痛には効果がありますが

その他ではそれほど効果がありません。

腰痛の主たる原因となる筋肉は腹筋や背筋ではなく股関節周囲の筋肉なので

もし鍛えるならそっちの方が良さそうです。

ただし腰痛が良くなってからですが。

 

更に上記のことは腰痛が起きたのは筋力が不足しているからなので筋力をつけましょう

という考え方なのですがこれには疑問があります。

 

腰痛は筋肉が硬くなっているのが原因であることが多いので

単純に筋肉が落ちて筋力が低下しているというよりも

筋肉は充分にあるが硬くなっているために筋力が低下していると考える方が自然だからです。

つまり筋肉の硬さを取り除ければ筋力は元に回復するのです。

 

しかも腰痛は全身の影響を受けてなる(全身の筋肉も硬くなっている)ものなので

全身の筋肉を緩めないといけません。

だから腰痛のセルフケアとしては適度な全身運動をすることの方が重要となります。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ