朝起きた時の腰痛

朝起きた時に痛い腰痛を1番に訴える場合は2つ考えられます。

1つは腰痛が軽減してきて朝の痛みだけが残っている場合。

もう1つは今まで何でもなかったのに朝の痛みだけが出て来た場合。

前者は順調に回復しているのでそれほど問題はありませんが後者は悪化している最中と考えられます。

どちらも硬くなっている筋肉を動かしたことによる腰痛です。

 

この場合の筋肉が硬くなる原因は2つで

寝ている時に筋肉が硬くなるのと寝る前にすでに筋肉が硬くなっている場合があります。

寝ている時に筋肉が硬くなる場合

寝ている時は身体を動かさなくなるので血行が悪くなり体温が下がり筋肉が硬くなります。

対策は寝る前に筋肉を柔らかくするためにストレッチ、寝ている最中に冷やさないように保温、

目が覚めた時にすぐに起きないで布団の中で身体を動かす。

ただし寝いる間には誰でも筋肉は硬くなるのでこちらはそれほど問題では有りません。

寝る前にすでに筋肉が硬くなっている場合

ストレス、疲労、内臓の不調、天候、目や歯や顎の問題、パソコン作業等

何かしら原因があって筋肉が硬くなります。

例えば残業が長くなっている、歯の調子が悪くなっている、食べ過ぎ等

いつもと違う状態が起きていればそこを改善していきます。

 

寝る前にストレッチ、ゆっくり入浴する事等が必要です。

睡眠時間が短ければ筋肉の疲労の回復も遅れて硬さがとれないので寝不足も避けて下さい。

 

自然治癒力と言うのが各人に備わっているので適切なセルフケアで改善は可能ですが

何日経っても変わらなければ治療を受けてみて下さい。