腰痛の原因として数%を占めるのが脊柱管狭窄症。

症状としては腰痛よりも足の痺れの方が多く、特徴的な症状に間欠跛行があります。

途中で歩けなくなるのですが、休むとまた歩けるようになる状態のことです。

 

後は画像で脊柱管の狭窄が確認できれば決まりです。

勿論、これらは病院でないとわかりません。

 

これも椎間板ヘルニアと同じで画像で確認できないけれど足の痺れや間欠跛行があったり、

画像で確認できて足の痺れや間欠跛行があっても原因が脊柱管狭窄症ではない場合もあります。

 

筋肉に問題があっても間欠跛行がある場合も結構あるのです。

こういう場合は我々も関与できます。