椎間板ヘルニアが無くなるには手術で取ってしまうか自然に吸収されて無くなるかのどちらかなので当院の治療では椎間板ヘルニアは治りません。では何をしているのかと言うと筋肉を使って腰痛や足の痺れ等の症状をとる治療をしています。

こういうことです。通常、腰が痛い、足が痺れるということで病院で診てもらった時に椎間板ヘルニアだとわかります。「椎間板ヘルニア→腰痛や足の痺れ」という流れです。

ところが椎間板ヘルニアがあっても腰痛や足の痺れがでない人というのはいくらでもいるのです。椎間板ヘルニアがあってもそれは見かけ上であって実際は他が原因で腰痛や足の痺れの場合もあるということです。

そしてその最大の原因は筋肉にあると考えています。「筋肉→腰痛や足の痺れ」という流れです。

だから当院では椎間板ヘルニアが原因の腰痛と言う方が来られても治療内容は腰痛と同じ、椎間板ヘルニアが原因の足の痺れの方が来られても治療内容は坐骨神経痛と同じです。原因となる筋肉を探してそこに治療をおこなうのです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ