こんにちは!横浜市都筑区で足の痺れの治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

「足の痺れで腰椎椎間板ヘルニアと診断されたのですが良くなりますか?」という質問をよく受けます。

腰椎椎間板ヘルニアを治すには大まかに言うと手術をするか自然に吸収されて無くなるかのどちらかです。病院での治療法は手術か保存療法(投薬や湿布やリハビリ等の手術以外の治療)の2つですが病院以外の治療院では保存療法しかありません。保存療法は腰痛や痺れを抑えている間に腰椎椎間板ヘルニアが自然吸収されるのを待つということです。残念ながら当接骨院鍼灸院の治療も保存療法なので腰椎椎間板ヘルニア自体を良くすることはできません。

そもそも当接骨院鍼灸院では腰椎椎間板ヘルニアの治療をするという土俵には立っていません。腰痛や足の痺れ等の症状をとることを目標にしています。そうすると「腰椎椎間板ヘルニアがあるから腰痛や足が痺れているのではないのか?」と疑問に思うはずです。

腰椎椎間板ヘルニアというのは「腰椎椎間板ヘルニアが原因の足の痺れ」という意味です。「腰椎椎間板ヘルニアがあっても足の痺れがない」という無症候性のヘルニアというのもあります。「原因不明の足の痺れ」である坐骨神経痛というのもあります。つまり足の痺れと腰椎椎間板ヘルニアは必ずしも一致しません。実際に椎間板ヘルニアがあっても腰痛や足の痺れがでない人というのはいくらでもいます。椎間板ヘルニアがあってもそれは見かけ上であって実際は他が原因で腰痛や足の痺れの場合もあるということです。

そしてその最大の原因は筋肉にあると考えています。例えば正座を続けると足が痺れてきます。あれは正座をすることで筋肉が血管を押しつぶて血行不良になったためなのですがそれと同じではないかと考えています。その筋肉が血管を押しつぶしているところをいわゆるトリガーポイントと言いそこを解消すると足の痺れも解消されます。「トリガーポイント 椎間板ヘルニア」で検索するとよくわかりますのでご確認ください。

最近、足の痺れに仰向けになってテニスボールで殿部をゴリゴリするセルフケアをよく見かけます。これはトリガーポイントで推奨されているものですがトリガーポイントが原因の人には効果があります。試しにやってみて症状の軽減がみられるようであればその可能性があります。

例え病院で椎間板ヘルニアが原因で足の痺れが起きていると言われても筋肉の可能性もあるということを頭に入れておいてください。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ