前に屈むと腰が痛いというのは腰痛の中でも最も多い症状です。基本的に痛いポーズが痛めた時のポーズであることが多いので前に屈むと腰が痛い場合は前に屈んだ時に痛めたと考えられます。例えば下の物を拾うために屈んで痛くなった、靴を履こうとして等です。

何が原因なのかというとほとんどが筋肉の硬さにあります。硬い筋肉をストレッチすると痛みがありますが同様に前に屈むと腰が痛い場合はストレッチをしているから痛くなるとも考えられます。

ではどこの筋肉が伸ばされるのかというと背中側の筋肉です。背中側といっても腰や股関節や背中だけではありません。足や首までも前屈みになると伸ばされるのでこのあたりも関係します。腰痛は全身の影響を受けるものなのです。

まっすぐに立っている状態と前屈みの状態を比較するとわかりやすいのですが前屈みの状態では腰部と股関節が特に曲がっています。なので前屈みでの腰痛の場合に最初に疑う部分は腰部と股関節周囲の筋肉ということになります。

もしコルセットがあるならばコルセットをしてもう一度前屈みになってください。これで先ほどより楽になるならば原因は腰部の可能性が高くなり、変わらないのであれば股関節の可能性が高くなります。

セルフケアはストレッチや温めによって筋肉を緩めることをしていけば良いのですがぎっくり腰の場合はそのようにすると悪化する可能性もありますので遠距離にあるふくらはぎあたりをストレッチや温めた方が無難です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ