夕方以降に腰の痛みが強くなることが続く場合がありますがこれには2パターンあります。

  1. 腰痛が良くなっている過程で起こる夕方の痛み
  2. 何でもない状態から夕方にでてくる腰の痛み

 

どちらも筋肉が疲労によって硬くなり血行不良となった結果です。

前者の腰痛は回復途中の経過としてあるものなのでそれほど問題はありません。

朝方の痛みや夕方の痛み等の症状は最後まで残るものなんですね。

 

後者は腰痛の最初にでてくる症状でもあります。

つまり後者の場合は腰痛が始まったということです。

 

どちらも座業の人に多いので座位の時に酷使する筋肉が原因と言うことになります。

ただしそれは生活習慣の変化によって

全身の筋肉が硬くなっているという基礎の上に成り立っているものなので

生活習慣の見直しをするようにしてください。

 

治療としては原因となる筋肉を緩めます。

セルフケアとしてはストレッチ、保温、規則正しい生活、睡眠を充分にとるようにしてください。