昔は特にそうだったのですがぎっくり腰や腰痛の原因として筋肉というのは無視されていました。筋筋膜性腰痛という名前はありましたが名前が上がっていたのはせいぜい脊柱起立筋ぐらいでしたでしょうか。単純に腰を動かして痛いのであれば筋肉を最初に考えるのが普通なのですがそうではなかったのです。現在でも腰痛の85%は原因不明で椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症と続きますが筋肉というのはでてきません。

その割には治療は電気療法やマッサージ、アイシングにホットパック、湿布にテーピング等を行なっています。これらをやったからといってヘルニアや脊柱管狭窄症が良くなるわけではありません。これらは筋肉を良くするためにおこなっているのです。

ぎっくり腰は異常に収縮して硬くなってしまった筋肉を伸ばした時に起きます。身体を動かすと痛いのは主に硬くなっている筋肉を伸ばすからです。また硬くなった筋肉は血管を押しつぶすので血行不良となり発痛物質を産生して痛みを引き起こします。ぎっくり腰の初期はじっとしていても痛いのはそのためです。治療としては「筋肉を緩める→筋肉に潰された血管が元に戻る→血行促進→発痛物質を洗い流す」ということになりますがこの内直接できることは硬くなった筋肉を緩めることなので治療としては手技療法と電気療法をおこないます。

ぎっくり腰初期の電気療法

当接骨院ではぎっくり腰の初期は痛みのピークを迎えるまでなので発症後1~3日迄ととらえています。電気療法の目的は筋肉をピクピクと動かすことによって血行を促進して発痛物質を洗い流すこと。ぎっくり腰に有効なのですが初期は注意が必要です。ぎっくり腰の初期ははまだ筋肉が驚いた状態なので無理に筋肉を動かすと悪化する可能性があるからです。そのためにピクピク動く系の電気療法である低周波や中周波や干渉波等は初期に関しては避けた方が無難です。

その場合当接骨院では筋肉をピクピクと動かさない微弱電流(マイクロカレント)を使って緩めています。微弱電流は筋肉よりも内部の細胞にアプローチして修復や活性化をおこなう機器で筋肉の内部から治していくというもの。正常な細胞は自ら作り出しているエネルギーを使って細胞のメンテナンスをおこなっているので細胞が損傷してしまうとエネルギーが不足して修復ができなくなります。この時に他の細胞から流れて来る損傷電流がエネルギーを増やして細胞の修復の手伝いをして正常な細胞に戻します。この損傷電流は微弱電流と同じ強さのため外部から人工的に微弱電流を入れることで細胞の修復を助けることができるというわけです。

中期以降の電気療法

中期以降は状況によって3パターンの電気治療をおこないます。なお微弱電流とハイボルテージ は自費になります。

1.微弱電流を継続

痛みのピークは過ぎたけれど症状がまだ強い場合はこちらを継続します。症状が強いということは筋肉の収縮がまだかなり強く残っているのであまり低周波系治療器で筋肉への直接の刺激をおこなうと回復を妨げる可能性があるからです。その点微弱電流は筋肉を収縮させることはなく細胞にアプローチしていくので筋肉には優しいのです。ぎっくり腰発症後1週間はこの方が良いかなと思っています。

2.中周波に変更

1週間~10日以後からはこちらの方に移行していきます。筋肉の硬さは初期の異常な硬さではなくなっているので今度は中周波の電気刺激によって筋肉にポンプ運動をさせて緩めていきます。筋肉にポンプ運動をさせることにより筋肉が緩んで血行が良くなり発痛物質を洗い流すことができます。

3.ハイボルテージに変更

ハイボルテージは低周波や中周波や干渉波の上位互換の電気療法です。中周波と同じで筋肉にポンプ運動をさせて筋肉を緩めていきますがこちらの方が深部の筋肉まで届きますので原因が深部の筋肉の場合はこちらを選びます。

ぎっくり腰以外でも寝違えのように筋肉が原因のものには同じ様な電気療法をおこないます。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ