起床時の腰の痛みや夕方になると腰が痛くなる等、ぎっくり腰まではいかないけれど痛みのある時の対策をお伝えします。

睡眠時は体温が下がりますので、痛みの出やすい環境です。痛みがない時の腰痛対策であれば、腹巻やレッグウォーマーなどで下半身を冷えないようにするのも効果があります。

睡眠時の対策ではめぐリズム「蒸気湿熱シート」をお臍から指4本分下の所にある関元(かんげん)というツボを中心に貼っておくと翌朝の腰の痛みは軽減します。

この関元というツボは丹田にあたるところで、慢性的な肩凝り、腰痛、生理痛、自律神経の乱れなど色々な症状に有効です。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ