こんにちは!横浜市都筑区センター南でぎっくり腰の治療をしているさくら接骨院・鍼灸院です。

 

ぎっくり腰になると接骨院ではコルセットを勧められることが多いと思います。

 

当接骨院では基本的にはこちらから勧めることはあまりありません。

もし購入するのでしたら試着してから決めてもらうようにしています。

実際に試着してみないとわからないものなので買って失敗だっということでは困りますからね。

 

ぎっくり腰でコルセットの効果がない場合は3つ考えられます。

  1. コルセットの付け方を間違っている場合
  2. コルセット自体に問題がある場合
  3. ぎっくり腰の種類による

コルセットの付け方を間違っている場合

コルセットが骨盤にかからずに腰部だけに巻いている方が多く見られます。

コルセットの中央部分が骨盤の上部にかかるように装着するのが基本です。

コルセット自体に問題がある場合

ぺらぺらしたコルセットだと腰を固定できません。

コルセットが背骨と当たる部分に金属の支柱が入っている方がより有効です。

ぎっくり腰の種類による

腰を前に曲げる時は股関節と腰部の2箇所を曲げるので

ぎっくり腰の時は股関節か腰のどちらかが特に関係していると考えられます。

 

歩くのが痛かったり、丸まって歩いたり、歩くのが遅かったりと歩行に支障がある場合は股関節、

歩行に支障がない場合は腰部が主に関係します。

 

コルセットは腰部の動きの制限するものなので歩行に支障がない場合に有効であることが多いのです。

そのかわりに股関節の動きを制限しないので股関節由来のものにはあまり芳しくはありません。

 

実際につけてみればわかるので

コルセットをお持ちでしたら来院時に一緒に持っていくのが良いでしょう。

 

長期間の装着

コルセットにはもう一つ問題があります。

それは長期に渡って装着していると筋肉が弱くなるのではないかということです。

 

これは筋肉云々よりもコルセットがないと不安になるという心理面の方が問題になります。

良くなってきたら少しずつ装着時間を短くしていきましょう。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ