急性腰痛

急性腰痛は「発症してからまだ日が浅い原因不明の腰痛」という意味なので原因を探す必要があります。

動かすと痛みが強くなる

急性腰痛は大部分が「動かすと痛みが強くなる」という特徴がありますのでまずはそれを確認。
「動かすと痛みが強くなる」ようであれば次に何をした時に痛みが出たのかを思い出して下さい。
大抵は前に屈んだ時、立上がった時から痛みが急に出て来た等思い当たる節があるはず。
前に屈んだ時に違和感だけだったのに時間とともに痛みが強くなる場合もあります。

どちらにしても「動かすと痛みが強くなる」腰痛は身体の中で動かす事に関係する組織が原因であろうと考えられるのです。具体的に言うと筋肉、骨(背骨、骨盤)のことです。

大部分が筋肉が原因

「動かすと痛みが強くなる」急性腰痛の場合は筋肉か骨の問題であると考えれば良い訳です。大部分は筋肉が原因であり、いわゆるぎっくり腰というものです。

骨が原因で起きる急性腰痛は尻餅をついた、ぶつけた等の大きな外力がかかった場合が一つ考えられます。もう一つは骨が弱くなっている場合、目安としては60歳以上(特に女性)の人が考えられます。この二つの場合は病院へ行くようにして下さい。

どの状態でも痛みの強さが同じ

一方、「どの状態でも痛みの強さが同じ」という急性腰痛がわずかながらあります。これは座っていても、立っていても、寝ていても、腰を動かしても痛みの強さが同じ状態。かえってじっとしているよりも動いている方が痛みが紛れます。
この場合は身体の中で動かす事に関係しない組織、筋肉や骨以外が原因となる可能性が考えられますので病院に行くようにして下さい。

まとめ

急性腰痛の大部分が筋肉によるもので特徴は「動作痛>安静痛」です。これがいわゆるぎっくり腰で当院で対応しています。一方、「動作痛=安静痛」、60歳以上の方、外からの衝撃後に腰痛になった方は病院へ行くようにしてください。