こんにちは!センター南で手の痺れの治療をおこなっているさくら接骨院・鍼灸院です。

手の痺れがあると病院では「首の骨と骨の間の隙間が狭くなっているのが原因で云々」と言われます。隙間にある椎間板がはみ出してそばにある神経を圧迫して腕に痺れが出るというわけです。

治療は投薬になると思いますがそれで隙間が元に戻るわけではありません。薬で痺れを抑えている間に痺れが消失するのを待つという作戦です。もし隙間が狭くなっていなかったらどう説明するのでしょうかね。

本当に上記の状態で痺れが出るのならば当院ではお手上げ状態です。はみ出した椎間板を元に戻すことはできませんしそれによって起こる痛みを抑える術もありませんから。

ではどのようにして手の痺れに対処しているのか。

これは考え方が違うのです。

筋肉が原因で同様の痺れが出ていることがあります。これをトリガーポイントと言います。

たとえ首の骨と骨の間の隙間が狭くなっていると言われたとしてもトリガーポイントが原因で腕に痺れを引き起こしていることもあるのです。骨の隙間が狭くなっていないのに手の痺れがあるのならばなおさらです。それを見つけられれば症状が軽減する可能性があります。

ただしその原因となる筋肉の場所が問題です。

首にあるかもしれませんし、肩にあるかもしれませんし他の部分にあるかもしれません。「トリガーポイント しびれ」で検索してみてください。沢山でてきますから。特に手指の痺れは首の周囲より肩の周囲の方が原因となることが多い感じがします。

当院では整体治療でトリガーポイントの解消をおこなっています。絶対良くなるわけではありませんがだらだらと治療を続けなくても済みます。筋肉が痺れの原因であれば症状は早い段階で軽減しますのでその時は治療を継続すればいいですし、何回か治療しても変わらなければこちらの技術の問題か筋肉が原因ではないかのどちらかになりますので中止にすれば良いのです。

首の牽引をしていたり、マッサージをしてもなかなか治らない場合はトリガーポイントの治療をおこなってみるのも考えてみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

健康と医療 ブログランキングへ